>

なぜ英文力が求められているのか

そもそも語学を学ぶとはどういうことか

語学は難しい、というイメージを持つ方は多いと思います。
語学の習得には時間がかかりますし、モチベーションを保ち続けることは非常に大変です。
母国語がある程度使いこなせていれば特に必要ないのではないか、そう感じたことはありませんか。
そもそも、語学はなぜ必要なのでしょうか。
語学は、文字通り言葉の学習です。私たちは生きていくうえで、言葉を使わない日はありません。
何の言語を学ぶのかにかかわらず、語学学習は生きることに繋がっているといえます。
話が壮大になってしまいましたが、語学は生活と深くかかわっているのです。
より豊かに生きるために、新たな発見をするために語学は言葉の学習以上の学びを提供してくれます。
語学を学ぶとは、自分の世界を広げることなのです。

語学を独学で学ぶこと

語学の習得方法は人それぞれだと思いますが、大まかに2種類に分けられます。
独学と誰かに習うことです。
学習というものは、必ずしも他者に頼る必要はありません。やる気さえあれば何とかなると思います。
独学は、工夫次第で費用を安く済ませられますし、自分のペースでできるというメリットがあります。
一方で、独学が向かない場合もあります。
例えば、知識のインプットは一人でも可能ですが、アウトプットは第三者に頼った方が上達が早いです。
もちろん他者に頼ればいいというものではありません。習うということに努力や復習は不可欠です。
独学で済ませられる範囲と、人を頼る範囲をうまく使い分けて組み合わせることが、効率の良い語学学習のやり方だといえるでしょう。